2016/07/29

Let’s hang around!

日本(にほん)では、散歩(さんぽ)をするテレビ番組(ばんぐみ)が人気(にんき)です。
It is getting popular “stroll about local spot” shows in Japan.

 
有名人(ゆうめいじん)が、街(まち)を歩(ある)いて、地域(ちいき)の人(ひと)に出会(であ)ったり、
地元(じもと)で人気(にんき)のお店(みせ)に行()ったります。
Famous people take a stroll and see local people or visit local shops/dinners/spots.
 
 
 
ガイドブックには載()っていない、隠(かく)れた魅力(みりょく)を紹介(しょうかい)しています。
They introduce hidden charms which we can not find in travel guidebooks.
(つぎ)の旅行(りょこう)の目的地(もくてきち)を決()めるのに、役立(やくだ)ちそうですね。
It might be useful to decide a destination for next travel.
 
最近(さいきん)では、テレビ番組(ばんぐみ)やポケモンGoのおかげで、
みんな外(そと)を歩(ある)く傾向(けいこう)にあります。
Recently, people tend to hang around in the town
because of the shows and Pokemon Go.
  
 
ということで、今回(こんかい)は、
散歩(さんぽ)で使(つか)える擬態語(ぎたいご)を紹介(しょうかい)します!
So, I am introducing mimetic words of walking this time!
 
 
◆ブラブラする◆
hang aroundtake a stroll
公園(こうえん)をブラブラする
hand around in a park
商店街(しょうてんがい)をブラブラする
hand around in shopping streets
 
ウロウロする◆
hang around (with restless mind)
 (みち)に迷(まよ)ってウロウロする
 hang around because I got lost
 知()らない人(ひと)が家(いえ)の前(まえ)をウロウロしていて、不安(ふあん)になる。
 I feel unsafe because a stranger hangs around in front of my house.
 
トボトボ歩(ある)く◆
plod
 目的(もくてき)のお店(みせ)が見()つからず、トボトボ帰(かえ)った。
 I plodded along home, therefore I couldn’t find a shop where I wanted to visit.
  一日中(いちにちじゅう)(ある)きまわって、疲(つか)れたので、みんなトボトボと歩(ある)いている。
 They are plodding hence they have been walking a whole day and are exhausted.
 
 
ポケモンを探(さが)して、街(まち)をブラブラしていたら、
(みち)に迷(まよ)って知()らないところをウロウロすることに...
I had been hanging around to look for Pokemon,
but I got lost and hanged around more in unfamiliar area…
 
 
しかも目当(めあ)てのポケモンも見()つからず、
(つか)れてトボトボと家(いえ)に帰(かえ)った。
Furthermore I couldn’t find the Pokemon which I want,
as a result I was so tired and plodded along home.
 
ポケモンGoをやるときは、気(き)をつけてね
Please,be careful when you play Pokemon Go. 
 
 

 
(ほか)にも
and more...
◆ノロノロ◆
sluggish/slowly
 
◆セカセカ◆
fast-paced/hurried
 
 
いろいろな歩(ある)き方(かた)で散歩(さんぽ)を楽(たの)しんでね!
Please,enjoy your stroll varied styles of walking!
 
 
 

 

2016/07/12

Japanese summer custom,Obon.

東京(とうきょう)は、もうすぐお盆(ぼん)です。 
Obon is coming soon in Tokyo.

東京(とうきょう)などでは、7(がつ)に行(おこな)いますが、
(ほか)の地域(ちいき)では8(がつ)にすることが多(おお)いです。
We have Obon on July in Tokyo and some areas,
 but it is basically held in August in other areas.
 
これは、明治時代(めいじじだい)に暦(こよみ)を変更(へんこう)したときに、
東京(とうきょう)では新暦(しんれき)に合()わせて日程(にってい)を7月(がつ)ずらし、
(ほか)の地域(ちいき)では、
旧暦(きゅうれき)の時期(じき)に合()わせて
8月(がつ)に残(のこ)したためです。
The reason the difference about the Obon schedule is that
when we changed our calendar
from lunar-solar calendar to solar calendar in Meiji period,
we adjusted Obon schedule to new calendar in Tokyo.
 However we have been keeping the same season in other areas.
 
お盆(ぼん)とは?
What is Obon…?
 
先祖(せんぞ)の魂(たましい)を家(いえ)に迎(むか)える習(なら)わしです。
The tradition that we welcome our ancestors’ spirits to our home.
 
「魂(たましい)が帰(かえ)ってくる」という点(てん)では、
ハロウィーンやメキシコの死者(ししゃ)の日()に似()ているかもしれません。
The spirits come back, so it might be similar custom to Halloween or
 Día de Muertos in Mexico.

 
どうやって迎(むか)えるの?
How do we welcome our spirits of ancestors?
 お盆(ぼん)の最初(さいしょ)の日()の夕方(ゆうがた)に、
「迎(むか)え火()」と呼()ばれる火()をたいて、
ご先祖様(せんぞさま)の魂(たましい)を家(いえ)に迎(むか)えます。
In the evening on the first day in Obon, generally on 13th of July or 13th of August, we make a fire which is called ”Mukae-bi” to welcome the spirits.
(迎…welcome 火…fire)
 
お盆(ぼん)の間(あいだ)は、ご先祖様(せんぞさま)にお供(そな)え物(もの)をしたり、
特別(とくべつ)な飾(かざ)りつけをしたりして、
ご先祖様(せんぞさま)をおもてなしします。
We give our ancestors hospitality
such as making special decorations
and make an offering to them during Obon period.
 
 

(たと)えば、精霊馬(しょうりょううま)
The horses which the ancestors ride.
 
きゅうりとなすをつくります。
We make them with cucumbers and eggplants.
 
 
 きゅうりの馬(うま)は、ご先祖様(せんぞ)が早(はや)く家(いえ)に帰(かえ)って
()られるようにという願(ねが)いを表(あらわ)しています。
Cucumber horse describes our wish
that the ancestors can come home quickly.
 
一方(いっぽう)でなすは牛(うし)を意味(いみ)しており、
(うし)に乗()ってゆっくり帰(かえ)って
もらえるようにという願(ねが)いが込()められているというのが一般的(いっぱんてき)です。
On the other hand, eggplant means cows
and represent our wish
that the spirits can go back to their graves slowly.
 
そして、最後(さいご)の日()の夕方(ゆうがた)には、
(おく)り火()をたいて、魂(たましい)を送(おく)り出()します。
In the evening on the last day, generally in 16th of July or 16th of August,
we make a fire”Okuri-bi” to send the spirits back to their graves.
(送…sending)
※地域(ちいき)によって異(こと)なります。
Some areas and communities have their own customs.

  
(たましい)が家(いえ)に帰(かえ)ってくるため、
お盆(ぼん)は家族(かぞく)が集(あつ)まる機会(きかい)となり、
(おお)くの日本企業(にほんきぎょう)はお休(やす)みとなります。
Hence the spirits come back home,
Obon is an opportunity of family gathering,
 therefore many companies in Japan offer vacation to their employees.
 
故郷(こきょう)に帰(かえ)る人(ひと)もいれば、
旅行(りょこう)に出()かける人(ひと)もいます。
Some people get back to their hometowns
and some people go travel.
 
日本(にほん)の風習(ふうしゅう)とお盆休(ぼんやす)み楽(たの)しんでね!
We hope you will be interested in Japanese custom
 and enjoy the Obon holiday!