2016/09/15

Ohigan/Equinoctial week

(あき)を感(かん)じる日()が増()えてきましたね。
Don’t you think that autumn is coming soon?
 
()が暮()れるのが早(はや)くなって
Sun set it getting earlier
日差(ひざ)しもやわらかくなって
Sunshine is gentler
鈴虫(すずむし)などの虫(むし)の音()が耳(みみ)に心地(ここち)よい
The sound of insects such as bell-ringing crickets are ear-pleasing.
ちょっと寂(さび)しくなる時期(じき)ですね。
It is a bit sad season.
 
 
でも9月(がつ)はイベントがたくさんあります!
But there are many events in autumn!
 
 
<お月見(つきみ)
Moon viewing
 
 今年(ことし)は、9月(がつ)15(にち)です。
It is on September 15th in 2016.
お月見(つきみ)については、こちら↓
If you are interested in Moon viewing, please check the following URL
 
 
 
<敬老(けいろう)の日()
Respect for the Aged
 
今年(ことし)は、9(がつ)19(にち)です。
It is on September 19th in this year.
 敬老(けいろう)の日()とそれに関(かん)する漢字(かんじ)のブログはこちら
The blog of Respect for the Aged and related Kanji is here


また、お祭(まつ)りもあちこちで見()られますね!
And we can see Japanese festivals here and there in autumn!
 
 
 
 
今回(こんかい)は、お彼岸(ひがん)についてご紹介(しょうかい)します。
In this blog, we are introducing Ohigan.
 
<お彼岸(ひがん)とは?>
What is Ohigan
 
お彼岸(ひがん)とは、先祖(そせん)に感謝(かんしゃ)をしたり敬(うやま)ったりする
日本独自(にほんどくじ)の仏事(ぶつじ)です。
It is a Buddhist service only in Japan which show our respect and appreciation for our ancestors.
お墓(はか)へお参(まい)りに行()き、お供(そな)えをして、
同時(どうじ)にお墓(はか)の掃除(そうじ)もします。
We visit and prey our family graves and make an offering to our ancestors,
at the same time clean the graves.
 
 
 
<いつ?>
When is Ohigan?
 
お彼岸(ひがん)は、1(ねん)に2回(かい)、春(はる)と秋(あき)にあります。
It is twice a year, spring and autumn.
お彼岸(ひがん)は、七日間(なのかかん)あり、春分(しゅんぶん)の日()または秋分(しゅうぶん)の日()が、
()ん中(なか)の日()になります。
It is 7 days and Spring Equinox Day or Autumnal Equinox Day is the middle day of Ohigan.
 
今年(ことし) 2016(ねん)は、 秋分(しゅうぶん)の日()9(がつ)22(にち)なので、
9月(がつ)19(にち)から25(にち)が秋(あき)のお彼岸(ひがん)になります。
In 2016, Autumnal Equinox Day is on September 22th
therefore Autumn Ohigan is from September 19th to 25th.
 
また、春分(しゅんぶん)の日()・秋分(しゅうぶん)の日()は、
祝日(しゅくじつ)なので、お墓参(はかまい)りへ行()く人(ひと)が多(おお)いです。
In addition, Equinox Days are national holiday
which means many people visit their family graves.
 
お寺(てら)や霊園(れいえん)は混()んでいるかもしれませんね。
Hence, Buddhist temples and cemeteries would be crowded.
 
 
この時期(じき)に、菊(きく)が含(ふく)まれた花束(はなたば)を持()った人(ひと)をみかけたら、
お彼岸(ひがん)のお墓参(はかまい)りへ行()くと思(おも)っていいでしょう。
If you see people who have bouquet containing chrysanthemums,
they probably visit their family or friend graves during this week.
※仏花(ぶっか)には、菊(きく)やカーネーション、百日草(ひゃくにちそう)などがよく用(もち)いられます。
Chrysanthemums, carnation or Zinnia are frequently used to b
ouquet for grave or Buddhism ceremony.
 
 
 
<お彼岸(ひがん)の慣用句(かんようく)
Idiom of Ohigan
 
「暑(あつ)さ寒(さむ)さも彼岸(ひがん)まで」
“Neither heat nor cold lasts beyond the equinox week.”
 
(なつ)の暑(あつ)さも冬(ふゆ)の寒(さむ)さもお彼岸(ひがん)を過()ぎれば和(やわ)らいできます。
Summer heat and winter cold let up after Ohigan weeks.
お彼岸(ひがん)は、季節(きせつ)の移(うつ)り変()わりのバロメーターにもなっています。
Ohigan is a barometer of cycle of the seasons.
 
(なつ)ももう終()わりですね
Summer is just about over….
 
 
<お供(そな)え物(もの)
Offering of Ohigan
 
お彼岸(ひがん)のお供(そな)えものとして最(もっと)も有名(ゆうめい)なものが、
(はる)は「ぼたもち」、秋(あき)は「おはぎ」です。
The most popular offering of Ohigan is “Botamochi” for spring and “Ohagi” for autumn.
 
「ぼたもち」と「おはぎ」、名前(なまえ)は違(ちが)いますが、同(おな)じお菓子(かし)です。
Actually “Botamochi” and “Ohagi” are same Japanese sweets
even though they are different names.
どちらも、あんこでごはんを包(つつ)んだものです。
Both of them are a rice call coated with Anko which is sweetened red beans.
 
 
なぜ、違(ちが)う名前(なまえ)なのでしょうか?
Why they have different names?
(はる)は、牡丹(ぼたん)にちなんで「ぼたもち」。
In spring, “Botamochi” named after Botan which is tree peony.
Mochi is a rice cake.
 
(あき)は、萩(はぎ)にちなんで「おはぎ」と呼()ぶからです。
In autumn, “Ohagi” named after Hagi which is bush clover.
 

 
(まえ)は、季節(きせつ)によって違(ちが)うあんこを使(つか)っていたようですが、
(いま)はいつでも、どちらも食()べることができます。
Before it seems that ”Botamochi” and ”Ohagi” were used by different type of Anko,
But nowadays we can eat both types Anko in any seasons.
 
(あき)の「特別(とくべつ)な食()べ物(もの)」を試(ため)してみてはいかがでしょうか?
Why don’t you try special autumn delicacy?
 
お彼岸(ひがん)のおはぎ/ぼたもちだけでなく、
お月見(つきみ)の おだんご、玉子(たまご)を月(つき)に見立(みた)てた月見(つきみ)バーガーもあります。
 
We have not only Ohagi/Botamochi of Ohigan
but also rice dumpling or Tsukimi burger which egg simulated moon of Moon viewing.
 
 
 
※月見(つきみ)バーガーは、秋(あき)だけファーストフードのお店(みせ)で買()えます!
You can get Tukimi burger in fast food shops only in autumn!
 
行事(ぎょうじ)がたくさんある秋(あき)
おいしいものが増(ふえ)える秋(あき)
()ごしやすい秋(あき)
(たの)しんでくださいね!
Enjoy autumn!
There are a lot of evens/observances and delicious foods, and an agreeable climate.
 
 

2016/09/02

Japanese family names

日本(にほん)には苗字(みょうじ)の種類(しゅるい)がたくさんあります。
There are many kind of family names in Japan.
 
世界(せかい)2番目(ばんめ)に多(おお)く、30(まん)種類(しゅるい)あります。

We have three hundred thousand types of family names,

it is the second place in the world.

※ちなみに1()はアメリカで、100(まん)だそうです。
The top is the USA, there are over million.
 
日本(にほん)で多(おお)い苗字(みょうじ)
The top three of family names in Japan are
 
                                       1():佐藤(さとう) SATO
                                       2位():鈴木(すずき) SUZUKI
                                       3():高橋(たかはし) TAKAHASHI
 
 
友人(ゆうじん)や知()っている人(ひと)にもいるのではないでしょうか?
You have some friends or know someone whose family names are above, don’t you?
 
さて、今回(こんかい)は珍(めずら)しい苗字(みょうじ)をご紹介(しょうかい)します!
In this blog, we will introduce very rare family names.
 
まずは、「小鳥遊」さん。
First, it is”小鳥遊”.
 
「たかなし」さんと読()みます。
We pronounce “TAKANASHI”.
 
 漢字(かんじ)が「高梨(たかなし)」であれば、珍(めずら)しくないのですが、「小鳥遊」は珍(めずら)しいです!
If the Kanji is “高梨(TAKANASHI)” it is not so rare, but”小鳥遊”.
なぜなら、普通(ふつう)にこの漢字(かんじ)を読()めば、「ことりあそぶ」や「ことりあそび」になるからです。
Because if we pronounce this kanji in a normal way, ”Kotori-asobu”or”Kotori-asobi”.
 
なぜ、「ことりあそぶ」や「ことりあそび」が「たかなし」になるのでしょうか?
Why ”Kotori-asobu”or”Kotori-asobi” turn to “TAKANASHI ” ? 
なんの共通点(きょうつうてん)もないのに、なぜ?!
They have nothing in common, why?!
 
漢字(かんじ)の意味(いみ)を説明(せつめい)します。
First,I need to explain meaning of this Kanji,小鳥遊.
 
小鳥(ことり)little birds
小鳥”Kotori” means little birds
(あそ)ぶ=play
遊ぶ”Asobu” means play
 
 
なぜ小鳥(ことり)が遊(あそ)ぶの?遊(あそ)べるの?
Why do/can little birds play?  
小鳥(ことり)が遊(あそ)ぶとは、どういう環境(かんきょう)
In fact...what kind of surroundings it?
 
 
それは、「もし鷹(たか)がいなければ、小鳥(ことり)が安心(あんしん)して遊(あそ)べる」から
If there is no hawk, little birds can play safely.
 
                                                 NoNashi  
                                             HawkTaka
                                         No hawk=TAKANASHI
 
 小鳥(ことり)が遊(あそ)べる環境(かんきょう)、つまり鷹(たか)がいない。
The surroundings of little birds”小鳥”can play””means NO HAWK.
 
だから、小鳥遊=たかなし
Therefore 小鳥遊=TAKANASHI.
 
面白(おもしろ)いでしょ?
It is interesting, isn’t it?
 
 
 
つぎは、「一」さん。
Next is 「一」.
 
「にのまえ」さんと読()みます。
It is “NINOMAE”.
 
普通(ふつう)、「一」は「いち」もしくは「はじめ」と読()みます。
Normally, we pronounce that “” is “Ichi” or “Hajime”.
 なぜ、「にのまえ」?
But it is”NINOMAE” in this case, why?
 
「一」は、数字(すうじ)の1のこと。
“一” means “one” in Japanese.
 
漢字(かんじ)で数字(すうじ)は、
「一(いち)」、「二()」、「三(さん)
The numbers in kanji are
One is「一」(ichi)
Two is 「二」(ni)
Three is 「三」(san) …
 
 
(いち)は、二()の前(まえ)にくる、だからに「一」は「にのまえ」
One「一(ichi) goes to before Two「二(ni)
“Before” in Japanese is “Mae”
So, one””(Ichi) is …
before(Mae) two(Ni)=NINOMAE
 
漢字(かんじ)はシンプルなのに、なんて複雑(ふくざつ)な名前(なまえ)!!!
The kanji is simple though, what a complicated name!!!
でも、ちょっとしゃれてますよね。
But it is bit sally of wit, right?
 
漢字(かんじ)って、日本語(にほんご) /日本人(にほんじん)って面白(おもしろ)い!
Kanji and Japanese are interesting!